営業とは「セールス」だけではない!

営業といえば、モノを売ること、サービスを売ることだと誤解している人が多い。
沢山の人に会って、トークを磨き、人脈を拡げ、個人・人物としての信頼を得る。
間違いではないが、営業を「セールス」の視点だけで考えると、実は上手くいかないことが多い。

自身の置かれている立場や業種、扱うモノやサービスによっても違いはあるが、ダメなモノは例え売れたとしても、売れ続けない。「こんなモノでも欲しい人はいる」ということは世の中に沢山あるが、それは欲しい人がいるのは「ダメなモノ」ではないからだ。
流行しているモノ、必要としている人が多いサービスだからといって粗悪では顧客は付かない。
やはり品質を高め、その品質を継続すること。そしてさらに改善や向上を繰り返していくことが重要だ。広義の「営業」は創業したときから何も変わっていない。

例えば、喫茶店に入って、接客が悪かったら、コーヒーが不味かったら、2度と行くまいと思う。看板がお洒落で雰囲気が良さそうでも、知人に聞かれたら「行かないほうがよい」と伝える。知人にこの店をお奨めしないこの人は、立派な営業マンかもしれない。社内の営業人員や広告費をかけてもダメなままでは顧客は付かない。

だから、自社のモノやサービスを見つめ直そう。「品質」「対象」「価格」「奨め方」。

この最後の「奨め方」が、狭義の「営業」。自社のモノやサービスを見つめ直すことは「狭義」よりも「広義」よりの視点。上手く取り繕って顧客を得るのではなく、自社のモノやサービスをより良いものにして、自信を持って奨める。

営業は「セールス」だけではなく、「プロモーション」として捉えると、より成果が出るはずだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ジョイフルは、めっちゃ好き!!会社員時代は毎晩ジョイフルのときもあったくらい。YouTubeはじめて…
  2. M1 搭載MacとIntel 搭載MacのWindows 10 導入方法の違い Mac上でW…
  3. 大谷翔平 2021年ホームランの軌跡 【第1号ホームラン】2021年4月2日(日本時間3日)…
  4. Parallels Desktop 16 for Mac
    再起動せずにWindowsを実行できる「Parallels Desktop 16 for Mac」…
  5. 前室と大きなキャノピーが魅力!ワンタッチで設営できるソロキャンプ向き2ルームテント …
  6. 急上昇 まあたそ
    ママさんYouTuberで「岡山が生んだ奇跡の不細工」こと、まあたそ。ニュースで話題となった「超人気…
ページ上部へ戻る